使い方

Hi there.

kotonoha(ことのは)に掲載しているオンライン英和辞書で使っている、表示記号について記しています。

 

English word 英単語

英単語とは、「英語」を構成する最小単位。

 

spelling 綴り

変化形
variation
英語には、名詞の場合は「所有格・単数形・複数形」、動詞の場合は「三人称 単数現在形・過去形・過去分詞・現在分詞」、形容詞や副詞の場合は「比較級・最上級」など、意味に応じて単語の形が変わる。
複数形
plural
名詞の複数形。
語尾に「-s」「-es」がつく。
三人称単数現在形
third person singular present
動詞の変化形。
語尾に「-s」「-es」がつく。
過去形
past
動詞の変化形。
語尾に「-ed」がつく。
過去分詞
past participle
動詞の変化形。
語尾に「-ed」がつく。
現在分詞
present participle
動詞の変化形。
語尾に「-ing」「-ed」がつく。
比較級
comparative
形容詞・副詞の変化形。
語尾に「-er」がつく。
最上級
superlative
形容詞・副詞の変化形。
語尾に「-est」がつく。
発音
 英語の母音の発音のコツ
 英語の子音の発音のコツ
読み
単語の読み方をカタカナで表記してみたもの。

英単語をはじめて覚えるときなどの「補助的なもの」として個人的見解で表記しており、ネイティブの発音とは異なりますのでご注意を。

第1アクセント
単語の中で一番強く発音すること。
発音記号で左に向かっている印「′(é)」。
activating
ǽktəvèitiŋ
クティヴェイテン
第2アクセント
単語の中で一番強く発音すること。
発音記号で右に向かっている印「‵(è)」。
activating
ǽktəvitiŋ
あクティヴェイテン
弱いアクセント
単語の中で弱く発音すること。
activating
ǽktəvèitiŋ
あクティヴェイテン
 USA 
主にアメリカ英語で用いられる、単語のつづりや発音のこと。
 UK 
主にイギリス英語で用いられる、単語のつづりや発音のこと。

 

 

Part of speech 品詞

単語を文法的な機能や働きによって分類したもの。

 

 名詞 
noun
人やモノなどの名前を表す単語。
C
countable noun
可算名詞(数えられる名詞)
U
uncountable noun
不可算名詞(数えらない名詞)
aU
U 」の性質を持ち、複数形では用いないが「a・an」をつけることがある。
 固有名詞 
proper noun
人の名前、地名、建物の名称などを表す。
常に大文字で始めり、普通は冠詞をつけない。
 物質名詞 
substance noun
液体や気体、製品の原料、天然現象など、一定の形を持たない「数えられない名詞」のこと。
 抽象名詞 
abstract noun
人の性質や動作、思考など、具体的な形を持たない抽象概念を表す「数えられない名詞」のこと。
 代名詞 
pronoun
名詞となる「人やモノ」などの名前に変わりに、またはその名前を間接的に指したりするときに使われる単語。
 人称代名詞 
personal pronoun
話し手や受け手、話の中で指定された人や物を指す代名詞のこと。
 動詞 
verb
主語「人・モノなど」の動作や状態を表す言葉で、主に主語の後ろに置くことが多く、主語の人称によって形が変化する。
 be動詞 
be verb
「いる・ある・〜です」という意味を表現する動詞。
一般動詞
general verb
be動詞以外のすべての動詞。
 自動詞 
intransitive verb
主語に目的語が必要ではない動詞。
 他動詞 
tansitive verb
主語に目的語が必要な動詞。
 助動詞 
auxiliary verb
動詞の前に置いて、動詞の意味を膨らませたり、文法的な働きをする言葉。
 形容詞 
adjective
ある名詞が「どんな」ものであるかを説明する単語。
 副詞 
adverb
動詞や形容詞その他の副詞を修飾したり、文全体を修飾する単語で、副詞を文中のどこに置くかは、副詞の持つ意味によって異なってくる。
 前置詞 
preposition
名詞や代名詞の前に置いて、名詞や代名詞と一緒に形容詞や副詞の働きをする意味のかたまり(句)を作る単語。
 接続詞 
conjunction
「単語と単語」、「語句と語句」、「文と文」を結びつける働きをする語。
 冠詞 
article
名詞の前に置くことで、その名詞が1個なのか複数あるのかなどを判別することができる。
 不定冠詞 
indefinite article
数えられる名詞の前に「a」「an」をつけて、その名詞が不特定のものであることを表すもの。
 無冠詞 
no article
主に複数形の名詞の前に「a」「an」「the」つけて、、その名詞が示すグループ全体を表すもの。
 間投詞 
interjection
喜びや驚きなどの感情を表す単語で、「感動詞(かんどうし)」とも呼ばれる。

 

 

言語用法

 口語 
日常的な生活の中での会話で用いられる言葉遣い。
 文語 
文学で使われる言葉遣い。
 古語 
今では使われなくなった古い時代の言葉。
 古風 
今では一般にはあまり使われなくなったやや古い言葉。
 俗語 
あらたまった場面では使われない、日常的に用いるくだけた言葉。
 略語 
ある語の一部分を省略して簡略にした語。
 幼児語 
幼児期にみられる不完全な言葉。
 格式 
公式の改まった場面で使われる言葉遣い。

 

 

語義注記

語義の使われ方についての注記。

 

 叙述的に 
物事を順を追って述べること。
 比喩的に 
何かを表現する時にほかの物に例えて説明すること。
 軽蔑的に 
自分よりも劣ったものとして見下げること。
 集合的に 
単数・複数両扱い。
 限定的に 
 名詞  の前に置いて用いること。
 道徳的に 
人々が善悪をわきまえて正しい行為をなすために、守り従わねばならない規範のこと。

 

 

専門用法

 文法 
 教育 
 数学 
 美術 
 音楽 
 音声学 
 スポーツ 
 演劇 
 建築 
 植物 
 気象学 
 医学 
 法律 
 軍事 
 海事 
 PC 
 印刷 
 掲示 
 標識 
 血液型 

 

 

基本5文型

 基本5文型

 

第1文型
 第1文型 SV 
S(人・物)が V(~する)
 第1文型 SV + M 
S(人・物・事)が M(修飾語)V(~する)
第2文型
 第2文型 SVC 
S(人)が C(物・事など)をV(~する)
第3文型
 第3文型 SVO 
S(人)が O(物・事など)を V(~する)
 第3文型 SVO = that 節 
S(人)が O(物・事など)にV(~する)
 第3文型 SVO = wt 節 
S(人)が O(物・事など)にV(~する)
 第3文型 SVO = to do 
S(人)が O(物・事など)にV(~する)
 第3文型 SVO + M 
S(人)が O(物・事など)をM(修飾語)V(~する)
第4文型
 第4文型 SVO1O2 
S(人)が O1(人)に O2(物・事など)をV(~する)

= SVO2 + to + O1

第5文型
 第5文型 SVOC 
S(人)は O(人など)を C(物・事など)に V(~する)

 

 

other その他

 

example 用例
作文や会話などで用いるときに役に立つような言葉遣いの例文。
 直訳 
英語などの外国語の文章を、忠実に一言一句そのまま日本語に訳すこと。
convesation example
会話例
身近な会話などのパターンを対話形式で示した例文。
proper use 使い分け
似た意味を持つ語句(同義語・類義語)の微妙な違いについての説明。
antonym 反対語
意味が反対となる語や、意味が対照的になっている語のこと。
反義語・反意語・対義語・対語などともいう。
related words 関連語
語形は異なるが、意味は互いに関連している2つ以上の語のこと。
memo メモ
その他、学習上参考になる事柄を説明。
set phrase 成句
成句(せいく)とは、古くから広く世間で習慣的に用いられるひとまとまりの言葉。あるいは、2つ以上の語がまとまって、個々の単語の意味とは異なる意味を持つ語句。
Derivative words 派生語
派生語(はせいご)とは、ある単語に接頭辞・接尾辞がついてできた単語。
注記印(本文の意味を理解させるために、補足を書き加えること)

 

 

 

 

It’s so much for today.
今日はここまで。

Thank you for reading to the end.
最後まで読んでくれてありがとうございます。

See you again in another word.
ほかの言葉で、またお会いしましょう。